歯の話

こどものお話

なぜ歯磨きするの?Ⅱ

以前に「なぜ歯磨きするの?」というお話をしました。今回はその第2弾。

人間の体には「常在菌(じょうざいきん)」と呼ばれる細菌たちがたくさん住んでいます。「汚い」と思われるかもしれませんが、すべての動物は体の色々な場所で細菌と同居、または共存しています。「無菌」ではヒトは生きられません。元々そんなにキレイにはできていないのです。

お口の中はその最たるもの。とても多くの「常在菌」がひしめいています。彼らにとってはお口の中は温度・湿度・食糧の条件がそろったこの上ないパラダイスです。大半は居るだけの取るに足らない細菌ですが、一部悪さをする者がいます。それが虫歯菌と歯周病菌です。つまり「歯磨き」は「虫歯菌&歯周病菌対策」ともいえます。でも考えてみてください「細菌をやっつけるのになぜ歯磨き?」と思いませんか?歯ブラシで細菌がやっつけられるとはとても思えません。もっとてっとり早く「殺菌性のある薬剤で殺してしまえばいい」。誰でもそう思います。でもこの方法には難点があるのです。

取るに足らないと書いたお口の常在菌ですが、実はありがたい存在でもあります。口は外界とつながっています、口で息をすれば当然空気中の細菌、いわば「よそ者」が入ってきます。よそ者の中には病原性のある危険な細菌も交じっているでしょう。この時、常在菌が防御壁になってくれます。簡単に言うと常在菌がひしめいていてくれるおかげでよそ者が住めないのです。「細菌が細菌を制する」とても良くできた防衛システムです。「殺菌性のある薬剤でお口の中を殺菌する」方法は必要な常在菌も死滅させてしまうことになります。さらには虫歯菌、歯周病菌は「歯垢(しこう)=プラーク」の中に潜んでいます。この歯垢は「バイオフィルム」とも呼ばれ、薬剤を作用させても効果が及ぶのは表面だけで内部には薬効が届きません。その結果必要な細菌が死滅して、やっつけたい細菌だけが生き残ることになってしまいます。

まとめてやっつけるのが無謀というならば「悪さをする細菌だけを選択的にやっつける」のはどうでしょうか?たとえばインフルエンザなどはワクチンを注射することで予防できます。このワクチン療法ならば目的の細菌だけをやっつけられます。しかし虫歯菌・歯周病菌ワクチンの実現は難しい様です。理由は虫歯菌、歯周病菌の種類が多いからです。その数は数十種類に及ぶといわれています。米国では「犬の歯周病用ワクチン」が存在しているようですが、犬の歯周病菌は人間と違って種類が少ないから可能だとのこと。

このように「細菌をやっつける」という発想ではなかなか虫歯菌・歯周病菌には対抗できません。ならばどうするか?「細菌が居てもいいけどおとなしくしてもらう」という「制菌、静菌」的な手段があります。ただ細菌の活動を抑えるには環境を変えれば良いのですが、お口の中は温度・湿度とも細菌には条件が良過ぎるうえに、エアコンの様に調節もできません。では変えられる環境条件は?これが残念ながら「エサをやらない」事しかないのです。細菌にとってエサとはお口の中に残った食べ物、つまり「エサをやらない=歯磨き」ということです。歯磨きで虫歯菌・歯周病菌の隠れ蓑である歯垢もなくせます。「細菌をやっつける」事はできなくとも、現実にきちんとした歯磨きで虫歯や歯周病に縁のないお口にすることができます。

こうして考えてみると、細菌に対して心許ないように見える歯磨きも、実は人類に残された非常に有効な対抗手段だと言えるのではないでしょうか。虫歯菌・歯周病菌にもし感情があるならば、丸裸にされたうえに食料を奪い取られる「歯磨き」は最大の恐怖であるはず。歯磨きって本当はそんなにすごいことだったのです。このことに気付けばいつも使っている歯ブラシだってとても重要なアイテムだと分かりますし、毎日のやる気も変わるのではないでしょうか?

(蒲郡市歯科医師会 中澤 良)


蒲郡市歯科医師会コンテンツ
 
蒲郡市歯科医師会事務局 所在地:
蒲郡市浜町4番地
(蒲郡市保健医療センター内)
TEL:0533-69-8020 FAX:0533-67-0990 Email:info@gamagori-dental.org

 
 
お口の情報リンク
 
蒲郡市歯科医師会

Copyright (C) 2012 Gamagori Dental Association. All Right Reserved.