歯の話

大人のお話

歯ブラシVS薬剤

ご存知の通り、虫歯・歯周病はお口の中の細菌が元で起こります。世の中随分と進歩したのに虫歯・歯周病対策といえば昔と変わらず「歯みがき」といわれ続けています。他の方法は無いのでしょうか?例えばうがい薬などの薬剤を使えばもっと楽に効果を上げられそうな気がします。大体、細菌をやっつけるのに歯ブラシと薬剤ならば誰でも薬剤の方が効果が高いと思うでしょう。

ところが現実にはそうではありません。以前にも書きましたがお口の中には「常在菌(じょうざいきん)」といわれる細菌たちがひしめいています。でも虫歯菌と歯周病菌以外のほとんどは悪さをしません。それどころか常在菌がひしめいていてくれることで、よそ者の病原性細菌が駆逐されるのです。そこへ抗菌性のある薬剤を使うと有用な常在菌をやっつけてしまいかねないのです。

さらに、虫歯菌や歯周病菌は「歯垢(しこう)」あるいは「プラーク」と呼ばれる鎧をまとっていて、薬剤を作用させてもその鎧の表層にしか効果が及ばず、内部の細菌たちは無傷なのです。こうしたことから近年歯垢やプラークが「バイオフィルム」ともいわれるようになりました。言い換えれば彼らもサバイバルの術を持っているという事です。

つまり、薬剤に頼ると有益な常在菌が弱体化して虫歯菌・歯周病菌が残るという、望んだこととは逆の結果を招く事になってしまうのです。 薬剤による攻撃には耐性のある歯垢・プラーク・バイオフィルムですが、物理的な攻撃には弱いので、虫歯・歯周病対策はやはりていねいな「歯みがき」が一番です。

ではうがい薬をはじめとする薬剤の使用は全く無意味なのかというとそうではありません。使い方を吟味すれば十分に有効です。例えば歯垢をふやかして取れやすくする成分の入った洗口剤がありますが、歯みがきを手助けしてくれます。要は適材適所、歯みがきをメインに不足があればそれを薬剤で補うと考えましょう。

(蒲郡市歯科医師会 中澤 良)  


蒲郡市歯科医師会コンテンツ
 
蒲郡市歯科医師会事務局 所在地:
蒲郡市浜町4番地
(蒲郡市保健医療センター内)
TEL:0533-69-8020 FAX:0533-67-0990 Email:info@gamagori-dental.org

 
 
お口の情報リンク
 
蒲郡市歯科医師会

Copyright (C) 2012 Gamagori Dental Association. All Right Reserved.